お住まいの建物は安全ですか?

画像1
「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」ご存知ですか?
 建物も年数が経過すると老朽化し、ひび割れや浮き上がり、腐食などが発生します。そのまま放置したままですと、外壁等の落下などにより思わぬ事故が発生し、社会的な責任を問われる場合もあるかもしれません。大切なお住まいだから、日頃から点検や診断を実施し、もしも異常が認められたときは、早急に補修や改修を施されることをおすすめします。(写真は、タイル貼り浴室の解体後の躯体の状況です。白蟻被害などにより、土台の腐食が確認できます。)
                             建物の維持管理を適正に実施することは、不慮の事故を防いだり、地震や火災などの災害時の被害を軽減したり、建物の寿命を延ばしてあげることにつながります。安心して住み続けれれるお住まいを手に入れることは、省エネルギーや地球資源保護の観点からも、今後大変重要な問題だと考えます。

日頃の御愛顧を感謝し、建物の無料耐震診断を実施します。

画像2
いすみ市立浪花保育所施工です。
 今回、いすみ市にお住まいの方(先着10名様)に限り、お住まいの無料耐震診断※を実施します。たとえば旧基準の昭和56年以前の建物や、大きな窓・吹き抜けのある建物。壁・窓の配置が偏っている建物や、老朽化が著しい建物など‥‥。何よりも、発表された震度よりも揺れを大きく感じたことはありませんか?少しでもお心当たりのある方や、お住まいの耐震強度に興味のある方は、ぜひこの機会をご利用ください。様々な状況に合わせたお住まいの補強方法も、合わせて提案します。
 ※(財)日本建築防災協会・(社)日本建築士会連合会編集による「木造住宅の耐震精密診断と補強方法(国土交通省住宅局監修)」の耐震判定表によります。

「ユニバーサルデザイン」の住宅

画像3
三和様邸全景です。
 最近よく耳にするバリアフリーとユニバーサルデザイン、実は似たような言葉なのですが、少し違います。お年寄りや体の不自由な方などに限定せず、お子様からお年寄り、国籍や性別、個人の能力を問わず誰もが利用しやすいよう製品や環境のデザインを追求する、建設業界でもユニバーサルデザインがこれからの指標となるようです。たとえば、玄関までのアプローチの段差を無くしたり、トイレや浴室、廊下を広くする。フロア全体をフラットにすることや、開き戸を引戸に替えることなど、みんなが安全で快適に暮らせるお住まいが求められるようになりました。
 お住まいは生活に密着した、いわば生活の基盤となるものです。ライフスタイルに合わせて解りやすくて使いやすい。これからは、家族構成の変化や将来的な身体能力の低下などの問題にも対応できるように、改善の配慮も考えておかなくては住み続けなくなってしまうかも知れません。耐震改修と合わせて改築や修繕工事など、心の負担となりえない大きな工事が1回で済むように、とことんアドバイスをします。もちろん新築や増築をお考えの方も、お気軽にお問い合わせください。

住所 いすみ市 小沢 1173
TEL 0470−62−4100
FAX 0470−63−1661
Eメール
定休日 日曜日・祝日
営業時間 AM9:00〜PM6:00
駐車場 50台 
交通アクセス
JR浪花駅 徒歩4分
出光屋和多岩船給油所 奥
不動産 / 建設業 / 浴槽・内装・リフォーム / 塗装 / 建具 / 表具・表装店・経師店 / 畳 / 上下水道・配水工事


[企画・監修]インターネット等推進委員会
mail: info@isuminavi.jp

[本所]千葉県いすみ市大原7400-8
電話0470-62-1191 FAX0470-63-9818
[夷隅支所] 千葉県いすみ市苅谷535-3
電話0470-86-3105 FAX0470-86-5269

[岬支所] 千葉県いすみ市岬町椎木1300-1
電話0470-87-2535 FAX0470-87-6980