土屋外科内科医院

地域のかかりつけ医として、また胃・大腸の専門医として

土屋外科内科医院

当院の特徴

画像1
当院は高血圧、糖尿病、高脂血症に代表される生活習慣病の管理から、一般的なかぜなどの診察とともに、苦痛の少ない内視鏡検査を特徴とした診療を行っております。胃カメラは最新の経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラです)を導入し、咽頭反射の強い方でも楽に検査を受けていただけるようになりました。大腸カメラでは、検査時に鎮痛剤と鎮静剤を使用し、患者さんの苦痛を最小限にとどめる工夫をしています。検査は松島病院大腸肛門病センター(横浜、大腸内視鏡検査では日本一の症例数)の非常勤医師が行います。大腸ポリープ、早期大腸がんの日帰り手術も行っていますので、お気軽にご相談ください。

胃検診は苦痛の少ない経鼻胃カメラで

画像2
おえっとこない最新の経鼻胃カメラの紹介です
なぜ経鼻内視鏡は患者さんにとって苦痛が少ないのでしょうか?最大の利点はその挿入経路にあります。これまでの口からの胃かメラでは、挿入中常に舌根部が刺激され、風邪の時の喉の診察で舌をおさえられた状態が常に続いているといえます。しかし鼻からの胃カメラでは舌根部を刺激しないため、おえっとなることが少なく、また検査中に会話も可能ですので、リアルタイムの画像をみながら、検査を受けていただけます。そのため使用する薬剤も少量で済み、お車での来院が可能で、検査後すぐに帰宅が可能です。(鼻腔の狭い方では、経鼻挿入ができない場合があります。このような場合は経口法に切り替えることがございます。)

早期発見によって大腸がんを予防

画像3
症状のでにくい大腸がんには大腸内視鏡検査が有用です
日本人の死因で多いがんは肺がん、胃がん、大腸がんです。このうち大腸がんは男女ともに増加傾向を示し、近い将来日本人がかかるがんで一番多くなるのが大腸がんだと言われています。では大腸がんの早期発見、予防になぜ大腸内視鏡検査が有用なのでしょうか?多くの大腸がんは図1 のような大腸ポリープ が大きくなって 図2 のような大腸がんに変化すると考えられています。図1大腸ポリープ は内視鏡手術(日帰り)が可能です。図2大腸がん は腸切除(入院、全身麻酔)が必要になります。しかし大腸ポリープや早期大腸がんは症状も無く、しかも検診で行われる便潜血反応も陰性のことがほとんどです。つまり大腸がんの予防には便潜血反応陽性者の方だけではなく、無症状であっても積極的に大腸内視鏡検査を行うことが有用なのです。

住所 いすみ市 大原 7552
TEL 0470−62−0007
HP http://tsuchiyageka.or.jp/
定休日 木曜日午後、日曜日、祝祭日
診療時間 8:30〜12:00
15:00〜18:00
午後受付は17:30まで
駐車場 20台 
交通アクセス
JR外房線・いすみ鉄道 大原駅より徒歩5分
改札口を出て直進400m
26年5月に移転しました
医院・病院(歯科以外)


[企画・監修]インターネット等推進委員会
mail: info@isuminavi.jp

[本所]千葉県いすみ市大原7400-8
電話0470-62-1191 FAX0470-63-9818
[夷隅支所] 千葉県いすみ市苅谷535-3
電話0470-86-3105 FAX0470-86-5269

[岬支所] 千葉県いすみ市岬町椎木1300-1
電話0470-87-2535 FAX0470-87-6980